会社をバックレる?仕事から逃げてもいい5つの条件とは?

IDEA

ここでは会社や仕事をバックレることをよしと思う5つの条件についてお話します。この基準とあなたの状況を照らし合わせてみてバックレる準備をしていきましょう。

 

この記事を読むと以下の疑問が解決します。

 

  • 会社や仕事をバックレることが許される5つの条件とは?
  • 病気で体が動かない、動けない
  • 上司か人事に会社を辞めたいと面談で二回以上伝えた
  • 会社で暴力(パワハラ)を振るわれた
  • 入社当日、右左も分からないのに暴言で詰められた
  • 面接後に給与の話を無視して業務をテストとして実施

 

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

会社や仕事をバックレることが許される5つの条件とは?

色々な状況や条件があると思いますが、今回はわたしの体験談から5つの条件をあらいだしました。

 

良い例ではありませんが、実は若い頃にアルバイトをしていたころ初日に仕事をバックレることもありました。\(^o^)/

 

バックレたというよりは、当日はしっかりと行って仕事をこなして「辞めます」と言って、次の日から行かなかっただけなので、完全なバックレではないのですのですが、、、。

 

普段はそんなことしたことは無かったですし、その後もそんなことは一切起こっていません。

 

誰もが大手と言うネームバリューのある会社にも正社員として勤めたこともありますし、基本的には社会のルールを守るタイプなのですが、横暴な会社ならバックレることも止む無しと考える派です。

 

そんなわたしの体験談です。

 

仕事をバックレるときの一つの指標としてあなたの役に立てたら嬉しいです。

 

病気で身体が動かない、動けない

病気で身体が動かないんですから、会社なんて行かなくてもいいでしょう?

 

変に頑張って、あなたやわたしの病気が他の社員にうつって迷惑かけるのも、会社としても困るでしょう?

 

わたしがいないと回らない仕事もあるんだろうけど、そのままバックレてもどうにかして誰かがやってくれます。

 

わたしの場合は、会社にちゃんと連絡しましたけど、出来ない人もいますよね。

 

だって身体が動かないんですよ?

 

動けないんです。

 

ちなみに最近の上司は朝はほとんど電話には出ません。

 

とりあえず電話して、電話に出ないから、とりあえずメールしてみたいな感じで仕事をバックレましょう。

 

ただの風邪や熱でなく、うつ病とか精神的な問題でも「動けなくて会社に行けなかった」ことを医者に伝えて診断書を後でもらえばいいだけです。

 

診断書を送って会社の仕事をバックレるとしても、表面的にはどんな社員も文句は言えないでしょう。

 

そればかりか、表面的には心配してくれる同僚もいるでしょう。

 

もし裏で陰口を言う同僚がいたとしても、そもそもそんな人間はあなたが同僚として認識する必要もありません。

 

ぶちゃけ、あなたの人生には今後は関係の無い、だたの他人ですので無視しましょう。

 

上司か人事に会社を辞めたいと面談で二回以上伝えた

パワハラが横行している会社は人材が辞めることを特に嫌がります。

 

なぜなら、そんな会社は人の出入りが激しく、すぐに人が辞めるので、社員の育成ができないからです。

 

ハイヤリング費用が多く掛かってしまえば、会社としてはやりくりが大変です。

 

あなたをペットのようにしつけて、管理して、逆らえないようにして、実際の労働力より安い賃金で働かせ続けるのがブラック企業の特徴です。

 

そんな会社があなたを簡単に手放すと思いますか?

 

「石の上にも三年」「ここでダメならどこに行ってもダメなやつ。そんな奴は社会で通用しない」「まだ学ぶことがあるだろ?」

 

なんて言っている上司は、大概はブラック企業の戦略に染まったすこしヤバい社員です。

 

あなたはすでに二回以上「会社を辞めたい」と正式に上司に伝えていますか?

 

それでも辞められないなら、まず労基署に相談しに行って、対策を考えてもらい。

 

その日は会社をバックレることにしましょう。

 

会社で暴力(パワハラ)を振るわれた

わたしが昔いた会社では「社員は人財」と言っていましたが、そんな会社に限って、仕事が出来ない社員のネクタイを掴んで首ごと振り回していたり、見せしめに仕事が出来ない社員に土下座をさせていたりしていました。

 

わたし自身は暴力を受けてはいませんでした。

 

しかし、そんな風景を傍観していて「こんなのおかしくないですか?」とも言えなかったため、強いて言えばわたしも同類です。

 

そんな傍観者で同類なわたしも、その見せしめのステージで恐怖を与えられたと言えば被害者側なのですが、、、。\(^o^)/

 

そもそも、そんなことをされている社員を見て、この社員がバックレるという行動をとっったとしても、恐らく現場にいたすべての平社員が「会社が悪い」と思うでしょう。

 

わたしも洗脳が溶けた今だからハッキリと言えます。

 

そんなルールの無い会社にあなたもわたしも社会一般のルールを適用する必要はないのです。

 

即刻バックレましょう。\(^o^)/

 

入社当日、右左も分からないのに暴言で詰められた

これは渋谷の辺りにあったゼストとかいうガレージ系レストランにアルバイトに行ったときの話です。

 

新人初日なのに、キッチンに人が足りないのか、調理場の二人の人間性に問題があるのかはわかりませんが、忙しくなってくると、右も左も分からない若かれし頃のわたしに罵詈雑言が飛んできました。

 

「そこに書いてあんだろ」「そんなこともできないのか?」

 

普段は人から良い人に見られたい嫌らしい気持ちのあるわたしは我慢をしていましたが、4時間くらいして、タイムカードを切るころには我慢していた気持ちが、堰を切ったようにあふれ出し、ついには堪忍袋の緒が切れました。

 

若者がキレるあれです。\(^o^)/

 

 

タイムカードを切りながら「こんなところ、もうこねーからしっかり給与だけは振り込んどけよ!」と少し格好悪い捨て台詞を吐いて、ゼストのキッチンを後にしました。

 

相手も相手だけど、もうちょっとやり方はあったと反省はしています。

 

まあ、逃げるなら早いほうがいいです。

 

面接後に給与の話を無視して業務をテストとして実施

あるリクルートサイトから連絡してきた、まあまあ日本語の上手い、英語も発音悪いけどまあできるフランス人?社長が面接をしてくれました。

 

面接のときにたまに口調が上から目線の時もあり「こいつ大丈夫かな?」と思っていました。

 

ウェブマーケティングの会社でしたが、募集求人には経験が足りず、でも別の業務で雇いたいと言われ、興味のある業務だったのでこちらもオーケーを出しました。

 

メールで「給与はどうするの?」って話をしているのに、完全にこちらの質問をスルーして「それじゃこれテスト代わりにやってみて」といいだして、無償で働かされる感があったので「話が変わったのでお断りします」とメッセージで伝えました。

 

まあ、その後、そのメッセージを無視するような、ちょっと社会性の無いブラックな外人社長でした。

 

こんな人間が外国の日本で会社を興したなんて信じられないのですが、そんな話はとりあえず置いておきます。

 

恐らく、信じられないくらい低賃金で社員を働かせようと思っているブラック零細企業だということがわかったので、誘いに乗らなくてよかったのですが、面接すらも時間の無駄でした。

 

給与の話もなしに、相手の意見を無視するようなコミュニケーションの適当な役員のいる会社は無視して途中でバックレることも、ぶっちゃけありです。

 

大手ではこんな人間は見たことが無かったので、カルチャーショックでした。

 

以上、バックレることも人情的に許されるだろう5つの条件でした。

 

今のご時世は労働者の売り手市場です。

 

有効求人倍率が過去最高なのでバックレる前にとりあえず次の仕事は決めておきましょう。

 

 

それにしても、自分の正義もあるけど、相手の正義もあるんだし、しっかり対話ができないコミュニケーション不足な人が多いけど、日本は何でこんな社会になっちゃったんだろう。ホント息苦しい。バッサリ

 

人気記事 英語転職におすすめ!求人サイト3選【外資グローバル企業が豊富】

人気記事 【狙撃】仕事の目標が思いつかない?【会社で目標を定める方法】

コメント