生きづらい日本の若者が感じた結論は?【誰も助けてくれません】

IDEA

ここでは生きづらさを感じていた日本の若者であるわたしが海外に出た時に妙に楽に生きることができたので、その経験をあなたに共有します。電車がつらい、会社がつらいと感じるあなた向けの記事です。

 

この記事を書くわたしは若いころに中国に住んだり、フィリピンに留学に行ったり、ニュージーランドに留学に行ったりした経験があります。

 

結論から言うと、海外と比べると日本社会は以下のようにがんじがらめです。

 

✅ 謎に統一された価値観の強制
✅ 自由がない

 

日本の社会では普通でないとダメだという価値観があります。そして組織の中では謎にこの価値観が発動されて価値観が合わないだけで排除されます。

 

具体的には下記です。

 

  • 不登校
  • 中退、退学
  • 受験に失敗
  • 就職に失敗 ( 仕事が続かない )
  • 起業に失敗

 

こんなことがあれば、周りの人はあなたをコミュニティから排除しようとするでしょう。残念ですが日本社会は失敗に寛容ではありません。

 

また、日本の電車やバスの車内では「マナーが無い」と諭され、普通の声でもあまり会話をしません。静かです。

 

フィリピンや中国ではみんな他人を気にせず自由に大声で楽しそうに会話しています。日本の電車は控えめに言っても息苦しい。みんな辛そうです。

 

このような事実を基に、男女別に生きづらい日本社会のポイントと解決策を挙げていきます。

 

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

生きづらい日本の女性

日本の社会は女性が顔を隠さねばならないアラブの社会と似ています。こんなこと言うと「そんなことはない」という声が聞こえてきそうですが、これはわりと事実です。

 

理由は、日本社会では女性はあぐらを組むと「はしたない」と言われますし、女性用の言葉遣いがあります。米国や韓国には女性用の言葉遣いなんてありません。

 

先日も政治家が女性は子供を産まなければいけない。また、女子力が高いと謎の価値観を押し付けられるということもあります。

 

解決策

日本人は一律にマナーがあるべき、女性は女性らしく大人しくしなければならない、という教育を変えることが第一歩ですが、社会はそんなに簡単ではありません。

 

では、どうするかというと、そのコミュニティから抜け出して、価値観の合う人とだけ一緒にいることが唯一の解決方法です。

 

それは、海外にあるかもしれないし、地方にあるかもしれません。まずはどこでも生きられるスキルを身につける方法を考えましょう。

 

わたしは働く場所を選ばないデジタルノマドになりたいのでブログを書いています。

 

【WordPress】ブログの始め方【初心者でも簡単です】

 

ブログで生活できない間は、今までの経験を基に収入を得ています。わたしの答えはフリーランスのエンジニアとして収入を得ることでした。

 

今の時代は少し勉強をすれば誰でもフリーランスとして収入を得ることができます。

 

【無料含む】おすすめのプログラミングスクール3校【断言します】

 

生きづらい日本の男性

男性は狩りをする時代から続く競争社会の中で生きています。その競争の中ではあなたは収入で比較されます。

 

日本の男性は一生仕事をしなくてはならないし、その競争からは逃れられません。

 

仮に一生涯、会社に属するということは、言い換えると一生満員電車でストレスを感じ続ける人生になるということです。

 

また、収入や生き方に違いがあると、いずれ周りにいた知人友人とは疎遠になります。人生が仕事となり、自分の人生という時間を仕事に奪われ、強い競争の中で、満員電車のストレスにさらされながら、孤独に耐えなければなりません。

 

解決策

結論から言うと、会社という組織から抜け出して、自分が存在するコミュニティーを変えることでしか、この苦しい競争社会から逃げ出すことはできません。

 

自分を押し殺し続けることで家族が幸せになる。家族の幸せがあなたの幸せだから満足と考えてませんか?

 

思い直してみてください。本当に一番いいのは家族が幸せで、あなたも幸せになることです。

 

わたしが住んでいた中国大連では、満員のバスに乗っても、殺伐とした空気で肘を立てたりしている人間は一人もいませんでした。

 

わたしが留学していた先のフィリピンでは、日本で言うバスに似たジプニーという乗り物があります。ここでも満員による不快を感じたことは一度もありません。

 

違いは何かというと、心の余裕のなさです。

 

余裕がないのは、嫌々ながら続けている毎日の行動にあります。それが満員電車なら、会社に行かない働き方を考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

わたしは満員電車に乗りたくないのでブログを書いています。

 

【WordPress】ブログの始め方【初心者でも簡単です】

 

ブログで生活できない間は、今までの経験を基に収入を得ています。わたしの答えはフリーランスのエンジニアとして収入を得ることでした。

 

今の時代は少し勉強をすれば誰でもフリーランスとして収入を得ることができます。

 

【無料含む】おすすめのプログラミングスクール3校【断言します】

 

まとめ

もちろん、ストレスはこれだけじゃないです。日々の生活に対して細かく言ってしまえば、米国や中国、韓国と比べると日本は歩道が狭く、他人とぶつかることも多いためストレスを感じやすいとかあります。

 

そんな小さなことも、日々のストレスから積もりに積もって、社会全体がゆがんでいくんです。

 

そんな社会から片足だけでも抜け出すことを考えてみませんか。

 

ここに書かれていること以外のことでもいいんです。どんなことでもいいので、このページを閉じたらすぐに行動してみてください。

 

思考停止して今までと同じ毎日を繰り返していたら、いつかはパンクしてしまうかもです。

 

それにしても、生きづらい病?や発達障害という言葉で生きづらいを片付けられたくない。あなたはこんな不安の多い世界に子供を産みたいと思えるの?この生きづらい世の中は誰も助けてくれない。信じられるのは自分だけ。国も企業も助けてくれない。だから絶対に他力本願、思考停止だけはするな。バッサリ

 

人気記事 【無料含む】プログラミングスクールおすすめは3社【断言します】

人気記事 【WordPress】ブログの始め方【初心者でも簡単です】

コメント