DA99?の被リンクを獲得したり増やす方法【購入できる?】

TECH

ここでは被リンク獲得に悩んでいたわたしのアフィリエイトサイトに被リンクを増やす対策をしてみました。結果、DA99の被リンクが付きました。

 

この記事を読むと以下の疑問が解決します。

 

  • アフィリエイトサイトの被リンク獲得は大変
  • 検索上位にランキングするために必要なこと3つ
  • 結局は最終的に被リンクが必要になる
  • DA99やEDU/GOVから被リンクが付くなら3000円でもいいかな

 

結論から言うと、ココナラで依頼するとたった3000円でDA99やEDU/GOVのドメインから被リンクがもらえます。

 

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

アフィリエイトサイトの被リンク獲得は大変

バズるようなみんなの役に立つ記事をバンバン量産できるなら、アフィリエイトサイトでも被リンクを獲得したり増やしたりできるでしょう。

 

しかし、実際は商材の情報まわりに相当敏感で一次情報をたくさん公開することができて、かつ、SNSで「いいね」を獲得して拡散されるようなコンテンツが発信できなければ被リンクなんてとてもじゃないですけど獲得できません。

 

よく、関連企業やインフルエンサーにリンクを張ってもらうためにインタビューをしたり、大学や役所のイベントに協力してリンクを張ってもらったり。

 

はたまた、地域の商工会の会員になってリンクを貰ったりするとか言いますけど、アフィリエイトサイトがそんなことできるわけもありません。

 

「それじゃ、諦めてよいコンテンツ作りに励むしかない」

 

と思っても、一ページ目まで来たとしても、上位3位以内に入るのはなかなか難しかったりします。

 

検索上位にランキングするために必要なこと3つ

結論から言えば、以下の三点で1ページ目に食い込むかどうかが決まります。

 

これ以外に方法はありません。

 

  • ユーザーが満足するコンテンツの作成
  • コンテンツのリライト
  • 被リンク数を増やす

 

深掘りすると以下です。

 

ユーザーが満足するコンテンツの作成

ユーザーが満足するコンテンツとは、わかりやすく、ひらたく言えば、直帰率が低く、セッション継続時間が長いコンテンツです。

 

コンテンツとは何でしょうか?

 

コンテンツとは一般的にはブログでいう記事のことです。しかしコンテンツとは内容を指すため、ブログ全体を指すこともあるでしょう。

 

ちなみに話は変わりますが、よく雑記ブログ、特化ブログなら、どちらでもいいと思もうけど、最終的には特化ブログがおすすめ!ってみんながいいます。

 

理由は簡単で、特化サイトの場合、この直帰率やセッション継続時間が稼げるからなんです。

 

よく考えてみてください。

 

雑記ブログのなかには、いろんな記事があるけど、検索して閲覧した記事と関連性の無い記事はもちろん読まないですよね?

 

雑記ブログって、いくらたくさん記事があっても、そんな記事の集まりです。

 

さらに深掘りすれば、雑記ブログはキーワードもバラバラです。

 

例えばアフィリエイトサイトのように、一つの商材を選んで、常に関連性のあるキーワードで記事を書いていけば、Googleだって専門性があるサイトなんだと感じてくれるでしょう。

 

そのため、雑記ブログ派は大抵「アクセスのある記事や、商品が売れた記事を横展開するんだ!」って言っています。

 

横展開とは、具体的に言うと、コンテンツやタイトルの光の当て方を変えて、同じような記事を量産して内部リンクをガシガシ貼れということです。

 

言いたいことがたくさんあり話がそれましたが、読み手がしっかり興味を持って最後まで読み込める飽きの来ないコンテンツを作ることが、コンテンツSEOの最重要課題です。

 

コンテンツのリライト

リライトができない人はウェブマーケティング初級者から抜け出せません。

 

なぜかというと、あなたが現在Googleの検索1ページ目にふんぞりがえっている記事があったとしても、それは永遠ではありません。

 

三カ月から半年もすれば、どんな記事でも徐々に下降していくでしょう。

 

さらに言えば、2ページ目でうろうろしている記事を1ページ目に持っていくために、リライトが必要な時があります。

 

このブログのお話ですが、もともと2位にいた記事が15位くらいまで下がったことがありました。

 

しかし、たった一回リライトして、サーチコンソールであたらめてインデックスを促しただけで2位に戻った事例があります。

 

あなたのサイトの「アクセス稼ぎ頭」記事の検索順位が下がったりしていませんか?

 

稼ぎ頭の上位10記事くらいはリライトしてメンテナンスしましょう。

 

でも、最初は大きくじゃなく、少しづつ少しづつ追加です。

 

初心者ならタイトル変更なんてもってのほかです。

 

見出しへのキーワード追加と画像の追加くらいにしてみましょう。

 

ちなみにわたしの経験上ですが、画像の追加はかなり前向きな効果があることが多いです。

 

被リンク数を増やす

今回のお話の全てでもある、被リンクは非常に重要です。

 

Googleは被リンク購入はダメとしながらも、ウェブ上の民主主義は機能すると断言しています。

 

Googleは被リンクをある意味のウェブ上の投票だと考えています。

 

でも、この被リンクを獲得することが一番難しいのです。

 

簡単に言えば、読者の役に立つ最高の一次コンテンツを提供して、かつ、SNSで「いいね」を獲得する、拡散されるコンテンツを発信すればいいのですが、それが難しいのです。

 

それじゃどうする?となると、被リンク購入というブラックハットに向かってしまうのです。

 

なんで、そんなことをするのでしょうか?

 

単純に今でも効くからです。

 

結局は最終的に被リンクが必要になる

最高のコンテンツは提供しているし、リライトで最新の情報も盛り込んでいる、そうなると最後に来るのは被リンクです。

 

もちろん、その前に越えなければいけない内部対策がいくつかあります。

 

例えば、内部対策とは以下のようなことです。

 

  • タイトル、ディスクリプションや記事内にキーワードがちりばめられているか?
  • Googleのサジェストに出てくるキーワードくらいはちりばめているか?
  • タイトルに数字などを入れクリックしたくなる内容が盛り込まれているか?
  • 内部リンクはしっかりと張っているか?

 

これくらいは当然あなたもやっていると思いますが、上記までは自力でも行えるSEO対策です。

 

しかし、外部リンクは自演しない限りすぐに作ることはできません。

 

無料ブログでしこしこ作るのもいいですが、記事書くのも大変だし、あまり効果ないし、頑張ったけど見返りがあまりないため踏んだり蹴ったりです。

 

DA99やEDU/GOVから被リンクが付くなら3000円でもいいかな

DA99やEDU/GOVってなに?って思っているかもしれません。簡単に言うとDA99とはドメインオーソリティー99を指します。

 

ドメインオーソリティーとは1~100まで数値があって、MOZという米国の老舗SEO会社がGoogleのアルゴリズムを解析して決定する数値です。

 

ドメインの戦闘力とでも考えればいいでしょう。

 

被リンクチェックツール無料5選【バックリンクを確認する方法】
ここでは無料にフォーカスして被リンクチェックツールと利用してみたわたしの感想をご紹介します。【2019年最新版】

 

EDUはEducationの略での教育機関のサイト、GOVはGovernanceの略で、政府機関のサイトを指しますが、それらのサイトは一般的に優良とされておりGoogleからの評価も高いです。

 

ちなみに、わたしも試したのですが、これらのドメインから被リンクをもらうとGoogleの検索結果で上位ページに食い込む効果がありました。

 

アンカーテキストを決めてトップページに被リンクを張ってもらったところ、三か月前より全体的に記事の順位が上がりました。

 

ちなみに何が良かったって言うと、もちろん被リンク対策は自動じゃなくて手動でやってくれるし、ついでにライティングツールを使っていくつかの記事まで用意してくれました。

 

これで3000円ならお買い得だと素直に思いました。

 

どこで購入できるのかと言うと、ここです。

 

ココナラと言う個人のスキルを販売できるサイトですが知ってますか?

 

ここで個人の方が被リンクを販売しています。

 

業者から購入すると1万円とか2万円とか掛かりますが、ここなら、個人が請け負っているため、三分の一以下で被リンク対策の作業を行ってもらえます。

 

恐らく、作業は外国の方にアウトソーシングしてるんだと思います。

 

とりあえずその個人の評価も良かったので、3000円だったら人生勉強だと考えて、最悪失敗してもいいやと思っていました。\(^o^)/

 

でも、実際には三か月かけて狙ったキーワードで徐々に順位が上がってきたのでビックリしました。

 

ウェブマーケティングは悲しきかな、ずるい人が勝つんだなとつくづく思います。

 

おわり

 

それにしても、ココナラにあるSEO対策サービスってずるくない?だって結局儲けてるのはココナラで被リンク売ってるやつらだもん。バッサリ

 

人気記事 ブログの作り方が世界一簡単に【初心者向けの方法を3分で解説】

人気記事 【無料含む】プログラミングスクールおすすめは3社【断言します】

コメント