【必見】相談相手がいない職場の3つの対処法【これならできる】

IDEA

ここでは職場で相談できる相手がいない場合の3つの対処方法をご紹介します。

 

この記事を読むと下記が解決します。

 

  • なぜ相談できないのか?
  • 仕事の悩みを相談したい
  • プライベートな悩みを相談したい
  • 職場に相談できる相手がいない場合の対処方法

 

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

なぜ相談できないのか?

分析すると理由はいくつかあります。あなたにもひとつは経験があるのではないでしょうか?

 

  • 「仕事は自分で考えるもの」と相談を拒否されたトラウマ
  • 他力本願で相談ばかりする人と思われたくない
  • 上司から強い口調で怒られたくない
  • 職場がピリピリしている
  • 職場に信頼できる相手がいない
  • 一人部署である

 

逆にどんな状況なら相談しやすいのか?

以下の状況なら相談しやすいでしょう。

 

  • どんなに忙しくても嫌な顔せずに相談にのってくれる上司や先輩の存在
  • 所属部署に同じ仕事をする同僚がたくさんいる
  • 職場が和やか

 

職場に相談できる相手がいればいいのですが、相手がいない場合はシステムに相談するしかありません。どんなシステムならいいのでしょうか。

 

  • エスカレーションのチケットシステムがある
  • 過去事例を共有するシステムがある

 

上記を簡単に説明します。

 

「エスカレーションをする」とは上位部署に相談することです。「コンサルを上げる」「エレベーションする」と言う会社もあります。

 

例えば Microsoft や DELL ではエスカレーションと表現します。Google ではコンサルと表現します。

 

チケットシステムとは、メーカーに問い合わせた際に、あなたに発行されるお問い合わせ管理番号を自動作成してケースを管理するシステムです。

 

例えば、あなたのパソコンが壊れたらメーカーに問い合わせます。その時に「お問い合わせ番号」が発行されます。

 

そのお問い合わせはメーカーのテクニカルサポートのチケットシステムで管理されています。

 

あなたのお問い合わせはチケットシステムのデータベースに記録され、管理され過去事例として活用されます。

 

有名なものでは SalesForce という会社がクラウド型のチケットシステムを販売しています。

 

これがシステムに相談する ( 上位部署に質問する、過去事例を探す ) ということです。あなたの会社にもこんなシステムを作ってみてはいかがでしょうか。

 

仕事上の「相談」とは、物事を違う角度から考えさせてくれる非常に有効な手法です。

 

そのため、ここからは悩み別に、誰かに相談する方法をご紹介します。

 

仕事の悩みを相談したい

仕事がわからなくて困っているけど「周りは忙しそうだし」「みんな一人で解決してるし」「相手に迷惑かける人だと思われたくないし」「怒られたくない」だから誰にも相談できない。

 

一番の解決方法は、相談したい同僚や上司と頻繁にランチに行くことです。お弁当を一緒に食べてもいいでしょう。

 

でも、すぐにそんなことはできません。

 

わからない仕事について、すでに一時間以上も調べて、いろいろと考えたなら、そのまま自分で考えても、おそらくすぐには答えは出ません。

 

ヒントだけでも得られるように周りに相談すべきです。

 

では、仕事でどうしても相談できる人がいないなら、まずはその仕事でわからない部分を誰なら知っているのかを考えてみましょう。

 

それが別部署の社員でも構いません。

 

でも、いきなり別部署に相談すると上司の機嫌が悪くなります。恐らくこんなことを言うでしょう。

 

「なんで、まずは上司に相談しないの?」

 

そんな詰めを受けないためにも、まずは直属の上司に相談してみてください。相談をしたという既成事実を作るためです、軽いタッチでいいでしょう。

 

そして、上司が親身になってくれなかったり、疑問が解決しなかった場合は、狙いを定めた他部署の社員に「お忙しいところ、スイマセン!」と相談してみましょう。

 

他部署なんて他人みたいなもんです。他人なんですから、万一関係が悪くなっても毎日の仕事に実害はありませんので、リキまずに気軽に相談しましょう。

 

運が良ければ、他部署とのつながりができます。相手からもあなたに相談できる関係が構築できれば、必ず今後の仕事が有利に進みます。

 

プライベートな悩みを相談したい

プライベートの悩みを職場で相談すると「うわさが広がるのが怖い」とか「職場の人間関係が希薄なので知られたくない」とか、そんな理由だと思います。

 

友達ですか?そんなのいたら悩みません。

 

でも、恋愛、子育て、家庭の事情など、どうしても自分だけで抱えているとつらいこともあります。

 

プライベートで仲良くなるためには職場の上司や同僚とランチを一緒に食べることが非常に有効です。

 

会社の雰囲気がそんな状況でない場合は、諦めて職場以外で相談相手を見つけましょう。

 

今の職場に相談は相手がいないんですから出会いを求めてバイトを検討してみてください。ダブルワークになりますが、時給も稼げて新しい出会いもあり一石二鳥です。嫌なら辞めればいいだけです。

 

若者が多いバイトを探すならバイトルNEXTがおすすめです。タウンワークにある仕事は比較的に年齢層が高いと思います。

 

環境が変わるとひと (他人) が変わります。周りの人が変わると日々の習慣が変わります。習慣が変われば人生まで変わります。これは割と事実です。

 

あのパナソニックを創業した松下幸之助もこう言っています。

 

「人間の運命を変えようと思ったら、まず日々の習慣から変えるべし。」
松下幸之助

人生や運命を 180度変えたいなら転職もおすすめです。

 

 

会社によって相談しやすい組織は必ずあります。もっと視野を広げて前向きに今の環境を見つめなおす機会にしましょう。

 

職場に相談できる相手がいない場合の対処方法

大きく分けて以下の 3つの対処方法がありました。

 

  • 職場の上司や同僚と頻繁にランチに行く
  • 職場の他部署も巻き込む
  • 環境を変える

 

今日から試してみて下さい。

 

 

わたしもよく転職してきたけど、ホント社内の組織によって謎に相談できない空気を出してるところあるよね。それホントは上司の能力に依存してるよ。わたしの経験上、直属の上司の部下に対する扱いに偏りがあったり、コミュ障だとまず相談できない環境になる。バッサリ

 

人気記事 【無料含む】プログラミングスクールおすすめは3社【断言します】

人気記事 【WordPress】ブログの始め方【初心者でも簡単です】

コメント