仕事が向いてないと悩む君へ【向き不向き判断に3つの事例】

IDEA

ここでは「仕事が向いてない」と悩む君へ。仕事の向き不向きを判断する3つの事例と基準をご紹介します。あなたのケースと照らし合わせてみて自分の状況を分析、診断してみてください。

 

この記事を読むと以下の疑問が解決します。

 

  • 仕事が向いてるというひとの判断基準は簡単
  • 【事例1】毎日仕事に行きたくないは甘えなの?向いてない?
  • 【事例2】仕事にはまぁ興味を持てるけど職場に相談できる人がいない
  • 【事例3】単純に仕事がつまらない。向いてない?

 

それでは見ていきましょう。

 

「仕事が向いてる」というひとの判断基準は簡単

その仕事が向いてるという人は、特に悩んでもいないでしょうし、むしろ面白みを感じているでしょう。

 

わたしがそうでした。

 

あなたはその業務をおもしろいと感じたことがありますか?

 

面白く無ければその業務は向いていないかもしれません。

 

どんな業務でも遣り甲斐や面白みや興味深い点があります。

 

仕事が面白く感じるときは、周りの社員と比較して高い成績を出しているときや、業務が自分のイメージ通りに運んでいるときです。

 

多少は困難な場面に出くわしても、解決するための周りのサポートが整っていたり、解決策を探すことが楽しいと感じるあなたはその仕事に向いてます。

 

基本的に仕事とは一人でするのではなく周りと協業しています。

 

そのため、会社での人間関係が良好であることも向き不向きに重要なポイントとなります。

 

あなたに向いている仕事である基準は以下の3つです。

 

  • 会社に行くことが楽しい
  • 周りと比べると高い成績が出ている
  • 問題や困難が立ちはだかっても相談できる同僚や上司がいる

 

この一つでも欠けているなら、向いてる仕事をしているとは言えないでしょう。

 

理由は後述します。

 

【事例1】毎日仕事に行きたくないは甘えなの?向いてない?

毎日仕事に行きたくないって、かなりの重症です。

 

「どうしても電車に乗りたくない」だけなら、自転車で行ける範囲の仕事を探せばいいだけです。

 

会社が見えてくると、肩こり首コリが始まって、会社の中では胃薬や抗うつ剤を飲んでいる。

 

甘えじゃありません。

 

そんなあなたはその仕事は向いていません。

 

いや、正確に言うと仕事ではなく、その会社に向いていません

 

その会社に向いていないのに、その仕事に対しての向き不向きの判断ができるでしょうか?

 

ここで業務の向き不向きを判断するのは早計です。

 

向いてないと思う前に周りの環境を見直してみましょう。

 

【事例2】仕事にはまぁ興味を持てるけど職場に相談できる人がいない

仕事をしていると、必ず自分一人では解決できない難問や壁にぶち当たります。

 

そんな時にフォローをしてくれる素晴らしい上司がいたり、助言をくれる同僚やメンターがいれば、いつかその問題も解決することができるでしょう。

 

しかし、仕事のノルマやプレッシャーが強い職場環境で誰にも相談できない状況だとしたらあなたはどうしますか?

 

【必見】相談相手がいない職場の3つの対処法【これならできる】

 

やがて、問題を乗り切る気力がなくなり、嫌になってしまうこともあるでしょう。

 

そんな職場環境であなたがその仕事やその職種に向いているのかどうかを判断できるのでしょうか?

 

パワハラじみた言い方で周りから「この仕事向いていないよ」とか言われたりしていませんか?

 

あなたが「この仕事向いてないのかな」「この仕事向いていないかも」と思う前にまずは周りの環境を見渡してしてみましょう。

 

【事例3】単純に仕事がつまらない。向いてない?

毎日会社に行くことは嫌じゃない。相談できる良きメンバーにも恵まれているが、毎日が変わらない単純作業のため仕事がつまらない

 

そんな状況のあなたは、その業務に向いてないのでしょうか?

 

ただ、業務に飽きているだけでしょう。

 

仕事がつまらない理由【お金こそが全てになっているからです】

 

「そんな時は転職を!」と安易に言いたいところですが「この仕事向いてないから辞める」なんて言わないでください。

 

そんなあなたは千載一遇のプロモーションのチャンスか転職チャンスを待つべきだとわたしは考えます。

 

もう少し(半年くらい)その職場で業務を続けてみて、チャンスを伺いましょう。

 

きっと、新しいチャンスが巡ってくるはずです。

 

結論

さて、3つの事例を見てきましたが、いかがでしたか?

 

あなたに向いてる仕事の基準は以下の3つである理由が分かったと思います。

 

  • 会社に行くことが楽しい
  • 周りと比べると高い成績が出ている
  • 問題や困難が立ちはだかっても相談できる同僚や上司がいる

 

逆に言えば、以下のように仕事が向いていない人の公も成り立ちます。

 

  • 会社に行きたくない = 会社に向いてない ≠ 仕事が向いてない
  • 会社に相談相手がいない = 会社に向いてない ≠ 仕事が向いてない

 

もしかすると、会社があなたの肌に合っていないだけじゃないですか?

 

「この仕事向いてない」と思ったら、思い切って転職してみるのも一つの手です。

 

 

それにしても、同じ業種の仕事をしていても、社員の色って会社によってずいぶん違うよね?特に出入りの激しい少しヤバい会社はオツボネばかりで、新人や転職組をいじめたたり、情報を共有しなかったりするところもあるよ。そんな職場はハズレくじ引いたと思って、さっさと逃げたほうが将来的にはあなたのためになるかもよ?ブラック企業は切り捨てるべし。バッサリ

 

人気記事 英語転職におすすめ!求人サイト3選【外資グローバル企業が豊富】

人気記事 【狙撃】仕事の目標が思いつかない?【会社で目標を定める方法】

コメント