フィリピン留学費用や持ち物リスト-生活-物価【すべて体験談】

OVERSEAS
スポンサーリンク

ここではフィリピン半年留学の費用や持ち物リスト-生活-物価など、わたしの体験談と感想をご紹介します。

 

まずはフィリピン留学中にわたしが必要だと思った持ち物リストを以下に挙げますので、フィリピン留学へ出発前の方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

フィリピン留学中にわたしが必要だと思った持ち物リストは?

1. ノートパソコン
自前のパソコンは絶対に必要になると思います。
外付け HDD も忘れずに。

 

2. スマフォ
実際、あまり必要ないと思っていたのですが、私の場合、フィリピンで電子辞書を落として破壊してしまい、仕方が無く購入しました。現地フィリピンでは日本語から英語に変えられる電子辞書は手に入らないと考えて、まず間違いありません。

 

3. 電子辞書
落として壊れましたが、それまでは重宝してました。

 

4. 英文法の参考書
私は Forest を使いましたが、なかなか良かったです。

 

5. 日本食
味噌汁とか、ふりかけとか、お茶漬けとか、レトルトカレーとかあると、お土産にもいいです。

 

6. 国際キャッシュカード、クレジットカード
クレジットカードも役に立つ時が必ず来ます。備えあれば憂いなし。

 

7. ノート
現地でも買えますが、質と値段が見合っていません。百均で購入しておくと現地の方へのお土産にも重宝します。

 

8. 電池
現地だと少しだけ値が張ります。

 

9. 綿棒、爪楊枝、化粧品
個人に合わせて必要なものも持って行きましょう。シャンプーやボディソープなどは現地の物でもいいと思います。

 

10. デジカメ、変圧器など
あるといいです。変圧器も持ち物によっては必要です。フィリピンのコンセントの挿口は日本と同じ形状でしたので、変換プラグは必要ないと思います。

 

以上、わたしのお勧めリスト十箇条でした。

 

それにしても、フィリピンでは辞書を落として液晶が壊れたり、スマフォ盗まれたりで散々な目に遭いました。バッサリ

 

【フィリピン留学の費用】わたしが半年間で費やした金額は?【イロイロ編】

フィリピン留学、半年間で費やす費用は全額でいくらでしょうか。フィリピン留学を始める前、私は外資企業で企業向けにソフトウェアの技術支援を行っておりました。

 

米系企業でしたので顧客に提供する情報の一部は英語で調査していました。技術文書の内容が分からなければ Google 先生に翻訳してもらう事で、何とかしのいでましたが、やはり米系企業なので新しい情報は英単語で調べる事が多くありました。

 

日本語のナレッジ文書も翻訳により存在しますが、仕様が変われば、その情報も過去の遺産となり、新しいナレッジが必要な場合は英語が不可欠となります。プログラムが出力するログも英語表記されている事が一般的かと思います。

 

もうお分かりかと思いますが、上記の理由で 32 歳からの英語留学を決断しました。この仕事を続けるには英語が必要だと感じました。

 

なお、その頃 ( 2012年 ) は円高でしたので、一ヶ月あたり、82,000 円で 一日 7 時間の授業、食事、寮費が込みの値段でした。半年の上記の合計金額は新生銀行からの海外送金手数料 4,000 円を含めて、496,000 円でした。

 

現地では電子辞書を壊してしまいスマホを 20,000 円で購入したり、そのスマホがジプニー内で盗まれたりして、もう一台のスマフォを 30,000 円で購入したり、フィリピンの有名なボラカイ島に二回 22,000 円、パラワン島に一回 30,000 円、に行ったりと、かなり遊びも充実させて出費がありましたが、生活用品や航空券、VISA の延長料金、その他を含めて 300,000 円程度の出費でした。

 

留学には合計 800,000 円以上使いました。

 

< 留学費 >
留学費 496,000 円生活用品や航空券、VISA の延長料金、その他 約 300,000 円

 

< 雑費 >
スマホ 1の代金 20,000 円スマホ 2の代金 30,000 円ボラカイ島への旅行 二回 22,000 円パラワン島への旅行 一回 30,000 円これでも日常の生活は質素におさえました。タクシーにはほぼ乗りませんでしたし、外食も両手両足を合わせれば数えられるほどです。

 

タバコも吸いませんし、お酒も週に一回程度、もしくは飲まない週もたくさんありました。何が言いたいのかというと、フィリピンでも意外とお金はかかると言うことです。

 

特に滞在 VISA や、現地での教科書代が大きいです。無駄に教材を購入させようとする教師もいるのでお気を付けください。

 

もし、フィリピン留学をお考えの貴方は、事前にこのフィリピン政府に払う費用や教材費もしっかりと計算と確認をしてください。

 

当初は 32 歳で会社を辞めて留学なんて、、、自分のことながら狂ってると思ってました。でも今思えば、もし 40 歳で始めても十分価値があったと回想。バッサリ

 

フィリピン留学生活を終えてわたしが感じたフィリピンの物価は?

以下の価格が国民生活を支えているようです。* 2013 年頃のお話のため、現在は価格が変動している可能性があります

 

– コーラ 10 pesos
– ジプニー ( バス ) 7 pesos
– ビール ( サンミゲルライト ) 31 pesos
– タクシー ( 初乗り ) 40 pesos
– マンゴーシェイク 約 70 pesos
– マンイナサル ( チキンレストラン ) 約 150 pesos
– ジョリビーのソフトクリーム ( ファーストフード ) 約 20 pesos

 

以上が安い商品の部類です。他は意外と高いです。以下に高いものを紹介します。

 

– スマートフォン (Samsong Note 2) 約 32000 pesos
– 韓国、日本食レストラン 約 300 pesos
– ジーンズパンツ 約 2000 pesos
– セブパシフィックの航空券

 

セブパシフィックは一見安そうですが、預け荷物が少しでも重量をオーバーしていると、かなりの追加料金が発生します。顧客の扱い方というか、サービスも最悪でした。

 

フィリピンに行くのであれば、同じ価格帯であるジェットスターの方が断然良かったです。

 

ちなみに、半年間の現地調査を行ったところ、現地の正規教師の給与は約 12000pesos 程度でした。時給が 60-70pesos だそうです。

 

ハウスキーパーさんの時給は 27peso だとのことです。7時間働くので 189pesos 一ヶ月 22日だとして、月給が 2000pesos だとの事。申告された金額と計算が合わないけど?汗

 

本当は 4158 peso くらいあるはずなのですが、、、。あなた騙されてない?まあ、そのくらいの金額ということです。

 

10/18/2012
公園でのエクササイズダンス (タイボー) の集会へ初めて行く。5 peso 支払う。

 

10/19/2012
電話番号 SIM カードを 40 peso で購入。100 peso チャージ。

 

10/20/2012
SM City で銀聯カードを利用。10,000 peso = 1546 元 + 10 元 = 19,713 円当日の JPY レートは 0.5060 くらい。

 

10/26 – 28/2012
友人 10 人でボラカイ島へ行く。学校から約 5 時間の場所。バン送迎 (700 peso) と船 (125 peso) で行く。ドミトリは一泊 200 peso / 1人。ロレックス模造品を 1000 peso で購入。* 模造品なのですぐ壊れました。

 

全部で 6000peso ほど使いました。

 

セブパシフィックの対応は LCC の中でも最低クラス。バッサリ

 

半年のフィリピン留学で初心者レベルのわたしが獲た TOEIC スコアが知りたい?

留学前の成績

フィリピン留学前の私の成績です。日本の中学生よりひどいスコアです。以下がフィリピン留学後の TOEIC の結果となります。

* 劇的な変化はありませんが、これが一般的な日本人留学生の伸び率だと思います。

 

留学後の成績

日本の一般的な大学生の卒業時の平均点くらいには到達できたでしょうか。わたしは TOEIC 中心の勉強はしていませんでした。あくまでも一般英語を勉強して来ました。

 

会話でしたら大学生にも負けない自身はあるのですが、、、。(いいわけ) こんなスコアで?と思うかもしれませんが。実は、これでもフィリピンの語学学校内では優秀な方で100 人程度いた学生全体で 8 位という、私にとっては快挙を成し遂げました。

 

裏を返せは、TOEIC で 800点くらい取れる学生は、あまりいないということです。

 

■ 検証結果

TOEIC スコアのスタート地点により、かなり伸び率が変わると考えられます。一番伸びづらいのは私のように TOEIC 300点前後で留学を始める学生と TOEIC 700点以降の学生だと思います。

 

TOIEC スコアが 300点前後の人たちは基礎がなっていない状況のため、英語無学者と言ってもいいでしょう。

* といいながらも当初の私は結構勉強していたつもりでしたが、、、。

 

わたしのように基礎がなっていない場合、TOEIC 模試で 400点を超えるのにはとても時間がかかります。

* およそ 4 ヶ月はスコアが伸びません。詳しくはこちらをご覧ください。

 

よく、半年のフィリピン留学で 800 点越えしたなどという記事がありますが、元々、600 点以上あれば可能性はあると考えられます。しかしながら、元々 300 程度の人間が簡単に越えられる壁ではありません。

* フィリピン留学に淡い期待は持たないでください。

 

 

フィリピン留学中の一日の勉強スタイル
朝食
8:00-9:00 マンツーマン (Listening)
9:00-10:00 グループクラス (発音矯正)
10:00-1100 グループクラス (Writing)
11:00-12:00 マンツーマン (Speaking)
昼食
13:00-14:00 マンツーマン (Grammer)
14:00-15:00 グループクラス (Common Error)
15:00-16:00 グループクラス (Reading)
夕食
17:30-20:00 シャワーを浴びて、英語で放映されているテレビを見る。
20:00-23:00 予習、復習、宿題など。
就寝

 

週末以外は上記のような毎日を過ごしていました。順調ならば一日、10時間ほど勉強してることになります。

* 実際はすこしは遊んだりするので毎日このように上手く事は運びませんでした。。。

 

半年もフィリピンにいると、時には人間関係を苦に感じ、気持ちが苦しく、つらくなり、昼からサリサリで一人でお酒飲んで泣いてたりしました。サリサリに来た先生が慰めてくれたけど、結構つらかったよ。バッサリ。ぐあっしゅ

 

フィリピン留学前のわたしの TOEIC スコアと留学後のスコアを大公開します。

フィリピン留学直前に人生で初めて TOEIC を受けました。ちなみに留学直前は 335点でした。正直に言うと、もう少しいくかなと思っていたのですが、結果は中学生と同レベル、もしくは以下です。

 

今でも覚えています。パート7 のダブルパッセージにたどり着く事が出来ませんでした。確か、シングルパッセージを三つくらい終わらせて時間終了だったと思います。

 

ちなみにこの状態は、留学中の最初の四ヶ月間は変わっていませんでした。なぜそんな事が分かるかと言うと、わたしが留学した先では毎月 TOEIC 模試を行っていました。

 

一回目は 325点 留学二か月目二回目が 285点 留学三か月目三回目が 410点 留学四か月目四回目が 475点 留学五か月目ちなみに初回のテストは留学二か月目の結果。なんて事でしょう、、、三か月目にあたる、二回目の模試ではかなり得点が下がってます。

 

留学中に TOEIC の対策はまったく行っていませんでした。そのため、当然の結果でしょうか。

 

巷では 10時間勉強すると 5 点 TOEIC スコアがあがると言われています。フィリピン留学後はダブルパッセージをすべて終わらせることができるようになりました。

 

これには、簡単なコツが必要でした。このコツを利用すれば皆さんも明日から必ず、全てのパッセージを終了する事が出来るようになります。

 

具体的にどんなコツがあるかと言うと、それはまた今度ご紹介します。

 

このように偉そうに言っていますが、わたしのこれまでの人生で TOEIC 最高得点は 745点です。バッサリ。ぐあっしゅ

 

 

フィリピン留学についてはこんな記事も書いています。

 

マニラ空港の深夜は危険!?【フィリピン留学】

OVERSEAS

からくちコメント.COM を運営している文句マンです。わたし自身の体験等を基に鋭い意見で切り込むブログを発信しています。

文句マンをフォローする
からくちコメント.COM

コメント