【サラリーマン】会社員に向いてない人間のたった1つの特徴は?

IDEA

ここでは現在【サラリーマン】のあなたに送る、会社員に向いてない人間のたった1つの特徴を解説します。

 

この記事を読むと以下の疑問が解決します。

 

  • 会社員に向いてない人間のたった1つの特徴とは?
  • よくある会社員に向いていない人間の特徴
  • 会社員に向いていないと思ったらチャンスである理由

 

それでは見て行きましょう。

スポンサーリンク

会社員に向いてない人間のたった1つの特徴とは?

結論からキッパリと言います。

 

会社員に向いていない人間は自分ひとりでも稼げる人間です。

 

もっと言えば、もしあなたが今アイデアもなく自分一人で稼げないなら、会社員のほうが向いています。

 

なせかというと、自分で稼ぐということは想像以上に難しいからです。

 

特に会社員を通過したひとは、働けば時給、または日給、月給が必ず入るものだと頭に刷り込まれています。

 

そして、この状況から抜け出すことは並大抵のことではありません。

 

相当な理由やきっかけが必要でしょう。

 

自分でお金を生み出す、と言う経験がないとなかなか想像できませんが、ある相手からお金をいただくということは、その相手にそれ相応の価値を提供しなければなりません。

 

これホント難しいんです。

 

逆に言うと、それ以外のひとは会社員が向いています。

 

理由は以下です。

 

とりあえず会社に行って、午前中は寝ぼけた頭でノラリクラリ過ごして、ランチを食べたら、少し気合を入れて仕事して、そのあとまた、時計を見ながら終業時間まで待つだけの一日です。

 

↑大袈裟ですが、こんな感じでもサラリーマンはやっていけます。

 

だって、倒産しない限り、来月には給料が入ってくるんですもん。

 

何度も言いますが、会社員に向いていない人は「自分で稼げる人間」です。

 

よくある会社員に向いていない人間の特徴

人間関係が苦手

人間関係が苦手なのは、わたしも同様ですが、これは会社員に向いていない人間の特徴ではありません。

 

実は1人で仕事をしても、人間関係はどこかで発生します。

 

会社の人間関係がイヤでこの記事をご覧のあなたは、会社員に向いているので、どうぞご安心ください。

 

仕事や職種や人間関係が向いていないと思うのなら、転職を検討してみてはどうですか?

 

 

指図されるのが嫌い

上司や先輩に支持されるのが嫌いなあなたは一見、会社員が向いていなさそうですが、そうでもありません。

 

世の中には、入社後3か月くらいで結果を出せは20代でもすぐに役員になれる、ある意味ブラックな企業があります。

 

以下の転職サイトで「20代 役員」「20代 管理職」などと調べてみてください。

 

 

特に営業の仕事で多いのですが、世間には結果を出せばすぐに管理職につける会社もあります。

 

そこで少し我慢すれば中間管理職に抜擢され指示を出す側に回ることができます。

 

自分で稼げる力がない場合は、そんな少しアクの強い会社で働くことも検討してみて下さい。

 

ノルマが嫌い

ノルマは特に営業に多いのですが、見えないノルマがあるプレッシャーの高い会社も沢山あります。

 

わたしも以前にノルマが厳しくパワハラが横行する会社で働いた経験があるのでよくわかります。

 

【男子】体育会系企業の特徴とその会社をみんなが嫌いな理由4選
ここでは体育会系男子であるわたしが、体育会系企業に勤めた経験と体験談を基に、今の若者がそんな会社を嫌っている主な理由4つをまとめてみましたのでご紹介します。

 

社内営業が嫌い

あなたは社内営業と言う言葉を聞いたことがありますか?

 

社内営業とは、文字通り自分の所属している会社内に営業をすることです。

 

なんで、そんなことをしないといけないのでしょうか?

 

答えは簡単で、会社の上司や先輩に気に入られ、自分の出世を早めるためです。

 

出世しなくても社内で円滑にコミュニケーションが取れればとても喜ばしいことです。

 

あなたも社内でみんなに気を遣えばコミュニケーションは取れますが、いずれ心が疲れてしまうでしょう。

 

でも心配しないで下さい。

 

今の時代、良くも悪くも個が尊重されてきて、わがままなひとが我が物顔で会社にはびこっており、自分中心の考えとなり、社内営業ができない人の方が多いです。

 

そんな中で、あなたが、ちょっと空気が読めなかったりしても気にすることはありません。

 

だってみんなそんな感じであえて空気読まなくなってきてます。

 

ましてやこれだけで会社員失格なんてことは全くありません。

 

仕事を共にするにあたり協調性は必要ですが、社内営業なんてしなくてもなんとかやっていけるということです。

 

会社員に向いていないと思ったらチャンスである理由

あなたがこの記事を読んでいるということは「自分は会社員に向いていない」「会社に行くのが辛い」「生き方を変えたい」「女性だから結婚して仕事辞めたい」「どうすればいいのか」「診断方法はあるのか」なんて思ってるでしょう。

 

せっかく立ち止まった人生の分岐点です。

 

何か新しく始めてみませんか?

 

何でもいいのです。

 

もし、あなたが会社員に向いていないなら別ですが、ここまで読んだということは、恐らくあなたは会社員に向いている人間です。

 

会社員に向いている人間が、いきなり起業なんてできないでしょう?

 

まずは副業から一歩進むことが重要じゃないですか?

 

ブログアフィリエイトは超難しいですが、始めるのは簡単です。

 

コツコツやりたいなら、クラウドワークスランサーズに登録して、簡単なタスクや作業で副業として小金を稼いでもいいと思います。

 

最近だと、自分の能力を販売することができるココナラと言うサービスが好評です。

 

試しにちょっと覗いてみてください。

 

ココならどんな小さな能力でも販売することができます。

 

お話を聞いてあげるとか、お話をしてあげるとか、友達になってあげるという単純な能力でも販売できそうです。

 

マンパワーは人間の力、偉大です。

 

こう考えてみれば世の中に役に立たない人間なんて1人もいないことが分かります。

 

もし、あなたが会社員に向いていないなら、ここにあなたの能力を欲している人がいるかもしれません。

 

会社を辞めたいというピンチをチャンスに変えて、あなたも副業から起業を検討してみてはいかがでしょう。

 

こんなきっかけでもないと、あなたの重い腰は上がらないでしょう?

 

それにしても、今年になってテレビで見た番組の話。月に50万以上も売り上げるイタリアンのレストランのオーナー夫婦が年収16万だって聞いた時には、ビックリした。さすがに、どんなに下手でも専業アフィリエイトのほうがマシなんじゃない?と思ったよ。バッサリ

 

人気記事 【おすすめ転職サイト】30代で4回も転職してマジ最高だった3社

人気記事 英語転職におすすめ!求人サイト3選【外資グローバル企業が豊富】

コメント