会社を辞めたい40代の男です【どうすればいいですか?】

IDEA

ここでは会社を辞めたい40代の男がどうすればいいのかを考えます。そもそも辞めたい理由は疲れたから。50代になっても、今の会社にいるイメージがわかない。2ch にも沢山います。

 

会社を辞めたい40代の男

 

これ一昔前のわたくし文句マンのことです。

 

正確に言うとアラフォーである文句マンはまだギリギリ 39歳です。40代と 30代は全然違うよ?と思ったそこのあなた。20代の時にも 30代とは違うって言っていませんでしたか?

 

わたしがそうでした。20代の時にインターネットで 30代の方の意見を求めて、まだ 20代だけど、もう三十路が目の前だった、、、次は我が身と言っていたことを思い出します。

 

何が言いたいかというと、ここまでくるとアラサーのわたしの意見も、40代の方の意見もさほど変わらないということです。

 

まあ、こういったことで悩んでいるわたしたちは、20代のころから悩みは尽きず、浮き沈みはありますが、波に乗らないときにはやはり会社を辞めたいと思うものです。

 

結果から言うと、わたしは会社を辞めました。

 

そして過去の経歴をシンプルに一新するため リクナビNEXT で新しく会員情報を作り直しました。もちろん、本当に自分が働きたい環境で楽しく仕事をするためです。

 

それでは、今回はそんなわたしの会社を辞めたかった理由や、人間関係に疲れた理由を見ていきましょう。

スポンサーリンク

そもそも会社を辞めたい理由は?

簡単に言うと、ビン底メガネさんからのイジメ。一緒に徒党を組んでいる、とさかエロがっぱさんのパワハラとスメハラです。

 

わたしが働いていた会社ではトレーニング制度があり、ビン底メガネさんや、とさかエロがっぱさんは新人をトレーニングする社員でした。

 

ビン底メガネ (40代) は何がしたいの?

ビン底メガネさんは、顧客とやり取りするメールを添削する立場でした。とさかエロがっぱさんは技術的な相談役でした。

 

入社当初はビン底メガネさんは威圧的でもなく、特に女性には優しい雰囲気の彼でしたが、相手を見てしばらくすると、イジメが始まります。どんなイジメかというと、相手の生産性を奪い、おおよそ彼の主観で添削を行い、新人のやる気を削いでいきます。

 

具体的には、彼が添削をするときは、何度もこっちを直しては、何度もあっちも直すといった、手を使います。もっとわかりやすく言うと、彼の主観が答えなので、答えのない添削を続けられている状況になります。

 

添削って、本人に考えさせることも重要だと思います。が、そもそも遊びじゃないし顧客を待たせてますよね?朝 9時に添削してもらい、11時に添削してもらい、15時に添削してもらい、、、。18時過ぎてますけど、、、。

 

ビン底メガネ君、君は添削しかしていないから暇かもしれないが、顧客は待っていますよ。そもそも一回目の添削で全体に回答して先に進ませなさい。

 

とさかの生えたエロがっぱ (30代) の野望

とさかエロがっぱさんは技術的なことについての新人の相談役です。新人は毎月わんさか入ってくるので [そもそもわんさか入ってくる時点で、少しヤバい会社ではあるのですが、そこには触れないで下さい] その新人の技術相談を一手に請け負っているので、普通の技術屋の 10倍以上の事例をさばいています。

 

そんな、とさかエロがっぱさんも可哀想だと思いますが、彼の口癖が何人もの新人を辞めさせています。

 

とさかエロがっぱ「えぇー?(轟音)」

とさかエロがっぱ「言いましたよね?(怒号)」

とさかエロがっぱ「言いましたよねーーーーーーー?(絶叫) 」

 

いやいやいや、せいぜい言ったのって一回か二回じゃない?たまに、誰に行ったか覚えてなくて言ってないことも言ったと言い切ってるし。そもそも、そんなに目くじら立てなくてもいいと思いますけど。

 

そんなに、大きくタメ息ついて、大声でヒステリックに言ったら周りの雰囲気も悪くなりますし。いや、ワザとやってるのはわかりますよ。そもそもメモとってないわけじゃなく、普通に情報量多いから覚えきれないだけでしょ?

 

そして、ほかに辞めてきそうな社員のことも考え、新人のころ自分より偉いこのとさかエロがっぱさんを呼び出しました。

 

文句マン「言いましたよね?って、、、あの大きな怒号は止めてもらえませんか?」

とさかエロがっぱ「やめません」

 

普通にムカっときました。こんな人物のために我慢する必要は果たしてあるのか。と思いましたが、新人のわたしにはそれ以上は何もできませんでした。

 

こうして新人トレーニングが終わりますが、まだまだ序の口です。

やはり、みんなと上手くやっていきたいわたしは、我慢をして何とかイジメに耐えて、正式にひとり立ちするのですが、今度は強烈なオツボネさんがいます。

 

進撃のオツボねーさん (20代)

とても口が悪い女性です。この女性より年下だけどマネージャーに対してまで「あの人嫌いなんだよね」と周りを取り込むオツボねーさんはなかなか、周りを取り込むのが上手いです。

 

口は汚く、陰口ばかりで、性格も陰険で結構ヤバいのですが、なぜか古株の社員たちも取り込まれていました。その古株も同じムジナだったということなんでしょうけど、、、なんだか新人か超初期メンバーしかいない一風変わった現場でした。

 

彼女を一言で言えば「声がデカい」

 

実際の声も小さくはないのですが、極端な発言を大声で押し通す強靭な性格の持ち主なのです。もちろん、年上、年下や他人のことなんかお構いなしに「マジでアレなんっすよねー。あいつマジクソ。なんでこんなんもできねんだよ。みんなバカなんすねー」と周り聞こえるように毒を吐き散らす、意見の強さを声がデカいと表現しています。

 

今度はこのオツボねーさんからの添削が始まります。ヤバいぜ、、、絶対ヤバいぜ。笑

 

それからというもの、毎日のようにおつぼねーさんや古参の社員がマネージャーや新しく来た人たちを小バカにしている発言を聞かされるようになります。

 

恐らくこの方たちは世間一般で言う愚民主義なのでしょうが、正直そんな職場にあと何年居られるのだろうか?と疑問符の毎日でした。

 

ここまで見てきて辞めたい理由は大したことないよね?

いやいや、普通辞めたいでしょ?新卒みたいな発想で恐縮ですが、、、。でも正社員がそう簡単には止められません。雨の日も風の日も、槍が降っても、嫌味を聞いても、なんとなくごまかして毎日通っていました。

 

会社でトイレに行ったら出たくないし、満員電車も嫌だし、ランチの時間に外に出たら、会社に戻りたくないから、いつも時間ギリギリまで公園などで日向ぼっこしてました。

 

そんなつらい毎日、2年目のある日こう考えました。

仕事には誇り持ってやってるけど、そもそも楽しくない。仕事が楽しくないんじゃなくて、毒されている周りの環境が仕事をつまらないものに変えている。

 

うつになって辞めていく社員もいるけど、この環境に慣れてしまって誰も何も言わないし、そもそも自分はこの環境に必要ないのではないのだろうか?

 

何人も新しいマネージャーやディレクターが来てるけど、数か月で職を落とされたり、いなくなってしまったり、残っているのは古参のメンバーに取り入る新参者のみ。

 

多分この現場は上層部が何かを変えたいと思っても、古参が居心地よくなっていてどうしても変われないスパイラルに陥っていて、このまま続いていくんだろうと思いました。

 

そして会社を辞めました。

妻の一言でした。「そんなに嫌だったら、もう行くのやめたら?」でも、次の職もまだ決まっていません。そもそも、本当に疲れていて、面接をする気力さえなかったです。

 

この会社に勤めていた一年半の間は毎日現実逃避のために、平日でも最低ワイン一本、当日、何も思い出したくない日はワイン二本とがぶ飲み状態で、ちょっとアルコール依存症ちっくになりかけていました。

 

妻はそんなわたしを見て「ゆっくり休んでから考えなよ。」って言ってくれて、今のニート状態が始まりました。

 

もちろん親にもしっかりと相談しました。でも上司には相談しませんでした。

 

仕事に穴を開けられると上司が苦しむことを分かっていたので引き止められるのは必然でした。昔経験したことがあります。

 

「石の上にも三年だぞ」と言われて、三年経験しても何も変わらなかったこと。

 

でも、あなたに簡単に「辞めてもいいよ」とは言いません。

でも、逃げるなら気力のあるうちに早めに逃げたほうがいいのでは?とは感じます。以下のように思っていませんか?

 

  • 満員電車がつらい
  • 困ったときに周りの社員が助けてくれない
  • 仕事が面白く思えない
  • パワハラがある
  • モラハラがある
  • 毎日我慢していて思考停止状態

 

ちょっと思い出してください。その会社で輝かしい時期はありましたか?何もなければ即刻逃げることを検討しましょう。大手でも関係ありません。どうせ 5年後あなたはその会社にいません。

 

入社してまだ日が浅い?あなたにとってダメな会社は最初のフィーリングでわかります。そこに 10年後もあなたは在籍していますか?

 

アラフォーのニートが言います。40代前半でも 40代後半でも、なんとか大丈夫でしょう。だって、わたしの友人で派遣社員だけど月 70万もらってる 50代がいます。今の時代は海外にも逃げれるし、そもそも引く手あまたです。

 

人材不足で倒産する会社がたくさんあるんです。

 

会社が嫌になったら、最悪バイトでミステリーショッパー ( 覆面調査 ) でもやってみるか!くらいの気持ちで、一緒に頑張りましょう。

 

会社を辞めたいときは、この本を読んでみてください。

 

 

わたしはあなたを引き留めないけど、この本ならあなたの気持ちを心地よく会社に引き留めてくれます。

 

なんでも決断するときは、まず家族に相談してください。

 

それにしても、世間はホントに引く手あまたです。確か 40年ほど前に同じような状況があったよね?バブルのころに社員旅行はハワイ!を売りにしてたアレ。歴史は繰り返されます。転職サイトに登録してみて。未経験だろうがあなたを欲しい会社がわんさかありますよ。もしやブラックか?バッサリ

コメント