【Serposcope】localhost:7134にログインできない【解決】

TECH

ここではSerposcopeを利用していて、急にlocalhost:7134にアクセスできなくなった状況を解決する方法をご紹介します。

 

Serposcopeで以下の URL にアクセスするとログイン画面が出てきます。

 

http://localhost:7134/

 

でも、今日はなぜかログインどころか、起動もできないし、そもそもログイン画面すら表示されません。

 

エラーメッセージはこんな感じです。

 

 

このサイトにアクセスできません

localhost で接続が拒否されました。
localhost 7134 を Google で検索してください

ERR_CONNECTION_REFUSED

 

Serposcopeが動かない、どうしよう、、、こんな状況を解決します。

 

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

【Serposcope】localhost:7134 で接続が拒否されました。【解決】

これはわたしの体験談です。再インストールなどの対策は自己責任で行ってください。

 

結論から言うと、以下の Oracle 公式ページに移動して Java をインストールして、Windows の再起動したら治りました。

 

Download Java for Linux
Manual Java download page for Linux. Get the latest version of the Java Runtime Environment (JRE) for Linux.

 

Java をインストールする前に、何度か OS の再起動を実施しましたが、解決しませんでした。

 

ちなみに、秘訣は、Java をインストールしただけでは、localhost:7134 への接続が拒否は解決しないということです。

 

Java をインストールしたら、必ず、Windows や Linuxサーバーの再起動も行ってください。

 

localhost:7134 で接続が拒否された原因

自分で間違って Java をアンインストールしていました。

 

なんで、そんなことしたのかというと、画面右下のタスクトレイに Java の更新を促すアイコンが出ていたのですが、何度更新しても正常にアップデートできなかったため、一度削除してみたのです。

 

まさか、Serposcope で利用していたとは、考えもせず、Java はアンインストール後、インストールせずにしばらく放置していました。

 

Java がインストールされていなかったこと原因です。

 

どうしても治らなかった場合

Serposcopeは毎日回すものだから、急に使えなくなると困りますよね。

 

Java を再インストールしても、どうしても治らない場合は、Java と Serposcope の両方アンインストールして Windows を再起動してから、もう一度 Java と Serposcope の順番でインストールし直してみましょう。

 

こんな順番です。

 

  1. Windows を再起動
  2. Java を再インストール → Windows を再起動
  3. Java と Serposcope を再インストール → Windows を再起動

 

おわり

 

それにしても、あなたは Serposcope エラー回避のために【ADMIN】→【GOOGLE】→【NETWORKING OPTIONS】→【Pause】の数値はどのくらいに設定してる?わたしはキーワードが 150件くらいあるから Min150、Max180 に設定しているけど、これだと毎日 4時間くらいかかってツラい。reCAPTCHA 回避サービスになんて金払うなら Donate の方がまだマシ。バッサリ

 

人気記事 ブログの作り方が世界一簡単に【初心者向けの方法を3分で解説】

人気記事 【図解】アフィリエイトの始め方【初心者が5万円稼ぐ保証付き】