構築済みマッチングサイトのサーバーを移行する方法【Osclass】

TECH
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

ここでは構築済みマッチングサイト Osclass のサーバーを簡単に移行 (移転) する方法を解説します。今回は CORESERVER → エックスサーバーへ移行しました。【2019年最新版】

 

あなたは費用が無料のマッチングサイト Osclass のレンタルサーバー移転に興味があるんですね。わたしもです。

 

わたしは以前にレンタルサーバー引っ越しを実施したこんな経験があります。

 

Osclassのサーバーを Xdomainから CORESERVERに移行する

 

前回はドメイン名を変更したので、データベースの中身を新しいサイトの URLに置換する必要がありました。しかし、今回はそんな searchreplacedb2を使用する必要もありませんので簡単でした。

 

以前のようにこの記事に書いてある通りサーバー移転を実施します。

 

Transfer OSClass installation to another server
Transfer OSClass installation to another server

 

① Dump your database information with mysqldump, phpMyAdmin or whatever
② Import database information to new server
③ Move files to new server, change config.php to point to your new database
④ Enjoy

 

基本的には WordPress のレンタルサーバー引っ越しと変わりありません。

 

それでは見てみましょう。

スポンサーリンク

Osclass のファイルとデータベースを取得する

Osclass のファイルをダウンロードする

移行元のサーバー (CORESERVER) から Osclass のファイルを、FTP クライアント (FileZilla等) を用いてダウンロードします。Osclass のファイルとは config.php、oc-admin フォルダなどのファイル群のことです。

 

データベースをエクスポートする方法

ファイルをダウンロードしたら、phpMyAdmin からデータベースを取得します。CORESERVER の場合はデータベースのメニュー内にある phpMyAdmin でデータベースをエクスポートできます。

 

phpMyAdmin にログインする方法【CORESERVER】

1. CORESERVER にログインして [データベース] → [DB名] をクリック

 

2. スクロールすると phpMyAdmin があるので [ログイン] をクリック

 

phpMyAdmin でデータベースをエクスポート手順

1. 左上にある DB名をクリック

 

2. [エクスポート] をクリック

 

3. [簡易] を選択して [実行] をクリック

 

データベースのダウンロード完了です。

 

設定ファイル (config.php) を書き換える

config.php にはデータベースへの接続情報を書き込みます。テキストエディタで開き、下記コードの箇所に適切に情報を入力してください。

 

/**
* The base MySQL settings of Osclass
*/
define('MULTISITE', 0);

/** MySQL database name for Osclass */
define('DB_NAME', 'DB名');

/** MySQL database username */
define('DB_USER', 'DBユーザー名');

/** MySQL database password */
define('DB_PASSWORD', 'パスワード');

/** MySQL hostname */
define('DB_HOST', '接続ホスト名');

/** Database Table prefix */
define('DB_TABLE_PREFIX', 'DB名のプレフィックス');

define('REL_WEB_URL', '/');

define('WEB_PATH', 'https://新ドメイン.com/');

 

エックスサーバーのネームサーバーにドメインを設定する

1. エックスサーバーのインフォパネルにログインして [サーバー管理] をクリック

 

2. 右上のドメインの項目にあるメニューから [ドメイン設定] をクリック

 

3. [ドメインの設定追加] のタブをクリック → ドメインを入力して [確認画面へ進む] をクリック

 

4. [ドメイン設定の追加 (確定)] をクリック

 

「DNS サーバーがエックスサーバーに向けられてません」とか「無料 SSL 設定が失敗したので、後でやり直してください」というような文句が出てきますが、気にせず進んでください。

 

Osclass のファイルを新しいサーバーにアップロード

Osclass のファイルを FTP クライアント (Filezilla等) でアップロードします。エックスサーバーの場合、アップロードする先は Osclass が稼働予定のエックスサーバーのルートディレクトリです。

 

ドメイン.com/public_html/ の直下がルートドメインです。

 

エックスサーバーの FTPサーバーのホスト名とユーザー名 (アカウント名) とパスワードは、サーバー管理画面の [FTPアカウント設定] → ドメイン名の横にある [選択する] → [FTPソフト設定] にデフォルトの設定表示されます。

 

 

データベースをインポート

CORESERVER の phpMyAdmin でエクスポートしたデータベースをエックスサーバーの phpMyAdmin にインポートします。最初はエックスサーバーでデータベースが作成されていません。

 

そのため、まずはデータベースを作成してから、その新しいデータベースにエクスポートしたファイルをインポートします。

 

データベースを作成する手順

データベースを作成する

1. サーバーパネルにログイン

2. データベースの項目にある [MySQL設定] をクリック

3. [MySQL追加] タブをクリック

4. 任意のMySQLデータベース名を入力してUTF-8を選択 [確認画面に進む] をクリック

5. [追加する] をクリック

 

MySQLユーザ追加する

1. サーバーパネルにログイン

2. データベースの項目にある [MySQL設定] をクリック

3. [MySQLユーザ追加] タブをクリック

4. 任意のMySQLユーザIDとパスワードを入力 → [追加する] をクリック

5. 確認画面で [追加する] をクリック

 

最後に [MySQL一覧] のタブをクリックして、[アクセス権未所有ユーザ] からユーザーを追加する。

 

データベースをインポートする手順

1. 左の項目からインポートする先をクリック → [インポート] のタブをクリック

 

2. アップロードファイルを選択して [ファイルを選択] からエクスポートしたデータベースを選択

 

3. [実行] をクリック

 

最後にドメインの管理画面に入ってネームサーバーの向きをエックスサーバーに変更して完了です。

 

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp

 

ヘルプ【トラブルシューティング】

config.php を書き間違えてエラーが出る

設定ファイル (config.php) を書き換えて、もしエラー画面が出たら、エラーが起こっているファイルの数字 (行) のひとつ手前の行を確認してみてください。

 

わたしの場合、間違って define(‘REL_WEB_URL’, ‘/’); の最後にあるセミコロン ;を消してしまって 25 行目に対してエラーが出ました。

 

define(‘WEB_PATH’, ‘https://ドメイン.com/‘); の .com の後にあるスラッシュ /も忘れずに入れてください。もしスラッシュを入れないと、次のディレクトリと URL がつながってしまい正確なディレクトリにアクセスできません。

 

Osclass が正しく表示されない

Osclass が正しく表示されない場合はレンタルサーバーの php のバージョンを 5.6 に変更してみてください。

 

それでもだめなら .htaccess ファイルを以下のようにデフォルトの状態に書き換えてしまいましょう。

 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

 

wizestate のテーマでエラーが出る

wizestate のテーマを利用している場合は、Osclass 内で検索をすると以下のようなエラーが返ってくる場合があります。

 

Warning: Illegal string offset ‘pk_i_id’ in xxx.com/public_html/oc-content/themes/wizestate/search-sidebar.php on line 5

Warning: Cannot assign an empty string to a string offset in xxx.com/public_html/oc-content/themes/wizestate/search-sidebar.php on line 5

 

この場合はレンタルサーバーの php のバージョンを 5.6 に変更するとエラーが表示されなくなります。

 

それにしても、Osclass はオープンソースだし、マッチングサイト構築が簡単にできて、ホント素晴らしい CMS だけど、無料のテーマとプラグインがほぼ無いのが玉にキズだよ。バッサリ

 

技術情報をもっと盛る

コメント