【エックスサーバー】ドメインそのままでサーバーを移行する手順

TECH

ここではドメインを変更せず、そのままでコアサーバー (CoreMini) →エックスサーバー (X10) にサーバーを移行する方法と手順ご紹介します。ワードプレス版です。【2019年最新版】

 

そうです。あなたのメンターとしてブログを書いて日々を過ごしたい文句マンです。

 

ドメインそのままでサーバーを移行するには以下の 3つの手順が必要です。

 

例)

  • エックスサーバーの DNS サーバー (ネームサーバー) にドメインを追加
  • エックスサーバーにサイト (ブログ) をコピー
  • お名前.comでドメインの DNS サーバー (ネームサーバー) の向きをエックスサーバーに変更

 

今までは安くて非常にスペックが良いのでコアサーバーを使っていたのですが、自動バックアップと多少のスピードアップに惹かれてエックスサーバーを契約してしまいました。

 

正直に言って費用が月額 198円のコアサーバーと、月額 1000円のエックスサーバーを比較しても、金額が違えど、どちらも SSD なのでページを表示する速度はさほど変わりません。

 

時間によって少しだけエックスサーバーがスピードに関しては優位に立ちますが、体感表示速度は変わりませんし、おそらく離脱率への影響はほぼないと思います。

 

それでは、見ていきましょう。

スポンサーリンク

まず初めに、今使っているドメインをエックスサーバーのネームサーバーに設定する

エックスサーバーの管理画面にログインして管理画面にある [サーバー管理] をクリックすると右上のドメインの項目にあるメニューから [ドメイン設定] をクリックします。

 

[ドメインの設定追加] のタブをクリックすると上記の画面になります。今使っているドメインをここに入力して [確認画面へ進む] をクリックします。

 

ここで [ドメイン設定の追加 (確定)] をクリックすると、「DNS サーバーがエックスサーバーに向けられてません」とか「無料 SSL 設定が失敗したので、後でやり直してください」というような文句が出てきますが、気にせず進んでください。

 

具体的にはこんなエラーです。

 

移行処理は完了していますが、SSL証明書の発行に失敗しています。 ドメインのネームサーバーを変更したのち、「SSL設定」より個別にSSL証明書を発行してください。

 

【注意点】まだ DNS サーバーの向きを変更してはいけません。

この時点でお名前やバリュードメインで他社ネームサーバーを利用するのところでドメインのネームサーバーの向きをエックスサーバーにしてしまうと準備ができていないのにも関わらずエックスサーバーに向かってしまい 404 Not Found エラーや表示されないなどのトラブルになるかもしれないので、トラブル回避のために、ここではまだお名前やバリュードメインでのネームサーバーの向きの設定はしないでください。

 

詳細を確認したい場合はエックスサーバーのヘルプ記事をご参照ください。

 

ドメイン設定 | レンタルサーバー【エックスサーバー】
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|エックスサーバーで独自ドメインを運用するには、サーバーパネルの「ドメイン設定」から運用するドメイン名を追加する必要があります。当ページではドメイン設定の追加手順についてご案内しています。

 

次に、WordPress簡単移行を利用して既存のサーバーからワードプレスのファイルとデータベースを根こそぎエックスサーバーにコピーします。

[ WordPress 簡単移行 ] をクリックすると、先ほど追加したドメインがあるので、[選択する] をクリック。すると以下のようなツール画面が開きます。

 

[WordPress 移行情報入力] のタブをクリックします。

 

移行元 URL と最下段にある URL は基本同じでオッケイです。わたしの場合は https → https だったので全く同じ内容を記入しました。

 

ユーザー名とパスワードはワードプレスにログインする ID と PASS のことです。

 

さくっと入力して、念のため文字列に間違えがないか確認をして [確認画面へ進む] をクリックしましょう。

 

この後、確認画面で [移行を開始する] をクリックすると、進捗バーが出てきますが、ものの 5分ほどですぐサーバー間コピーが終わります。これ速くてビビりました。

 

詳細を確認したい場合はエックスサーバーのヘルプ記事をご参照ください。

 

WordPress簡単移行 | レンタルサーバー【エックスサーバー】
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|「WordPress簡単移行」機能に関するご案内です。すでにエックスサーバー以外で運用中のWordPressを、ログイン情報を入力するだけでエックスサーバーに簡単に移行することが可能です。

 

最後に、お名前ドットコムの管理画面からネームサーバーを他社サーバーで管理する設定をして、ネームサーバーをエックスサーバーに向けます。【DNS サーバー変更】

以下がエックスサーバーのネームサーバーをポイントしています。

 

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp

 

まとめ

あとは 24時間も経てばドメインが新しいサーバーに向いているでしょう。Xserver Migrator プラグインがインストールされていますが、もう不要なので消してしまっても構いません。

 

この方法は、まず初めに既存のページと同じページを新サーバーに作っておき、ドメインがどちらに転んでもいい状態にしてます。

 

そして、ただ、現在のサーバーから新規サーバーにドメインの向きを変えるだけなので、失敗する可能性は極めて少ないです。

 

なお、SEO 的な問題が出たかどうかについては、また別の記事を書きますので乞う御期待。楽しみにしていてください。

 

おわり。

 

それにしても、エックスサーバーとコアサーバーのスピードってほとんど変わらないので、レンタルサーバー移転するか相当迷った。正直サーバー移行しなくてもよかったかも?バッサリ

 

人気記事 ブログの作り方が世界一簡単に【初心者向けの方法を3分で解説】

人気記事 【図解】アフィリエイトの始め方【初心者が5万円稼ぐ保証付き】