会社の仕事を投げ出し逃げた経験ですか?【もちろんあります】

IDEA

ここでは仕事を投げ出し逃げたわたしの経験についてお話します。どうしても辞めさせてくれない上司からは逃げ出すのが一番です。

 

上司が怖くて会社を辞められない職場ってあります。

 

今の時代なら日本初の退職代行サービスEXITがあるので、昔よりは会社を辞めやすいと思いますが、わたしが過去に職場を逃げ出した時には、こんなサービスはありませんでした。

 

そんな時代に、わたしがどうやって会社から逃げ出したのかについて過去の経験をお話します。

 

結論から言えば、あなたが逃げたいなら逃げてオッケイです。

 

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

どんな職種だったの?

不動産売買の営業でした。東京では少しだけ有名な会社で不動産仲介の中では中堅くらいの会社でした。

 

初めての正社員として社会人デビューしたわたしは、社会人は厳しいものだと自分に言い聞かせていました。

 

上司に「奢れよ?」と報奨金をせびられた時もありました。

 

上司がデスクの上に靴のまま上がって、同僚のネクタイを掴んで、引っ張りながら大声で叫んでいるときもありました。

 

上司が同僚に対して床を舐めさせているときもありました。

 

まあ、よくあるブラック企業です。

 

社長が集会を開いて、100人以上の社員の前で持論を並べて失礼な口調でムダな説教をしたり、支店に電話かけるときは、自分の名前は一切名乗らず一言だけ、社員の名前を呼び捨てにする、ちょっとどころじゃなくイカれたじーさんでした。

 

「電話代わって」すらも言いません。名前だけ。\(^o^)/

 

わたしの悲惨な経験談をもっと読んでみたいあなたはこちらをどうぞ。

 

仕事がつまらない理由【お金こそが全てになっているからです】

 

なんで職場を逃げ出したかったの?

一番の理由は、朝礼があり、その日一日の目標を叫ぶことでした。

 

この意味の無い軍隊のような朝礼は、その後、我々のいた支店の店長が変わり無くなったのですが、今思い返しても、これが嫌で会社を辞めたかった人も多かったと思います。

 

暗黙の地獄ノルマでした。

 

その日のアポどり件数、当日、物件を案内するお客様数を叫びます。

 

そして、この目標を低く設定すると「やる気あるのか?」と文句を言われ、目標を達成しないと「お前が設定した目標なのに何で達成できないんだ?」と文句を言われます。

 

他にも逃げ出したかった理由はたくさんありました。

 

  • 上司による給料のせびりがヒドイ
  • 車にキズをつけたら修理代は自腹
  • 会社から携帯電話が支給されず上司への報告電話代自腹

 

そして、最大の理由は、単純に転職先が決まったからです。

 

【職場放棄】仕事を放置して帰る【大人としてダメと言われた?】

 

どうやって会社から逃げたの?

その時の支店の店長は、まあそこそこ物分かりの良い店長でした。ずっと、辞めたい旨は、自分の上司にも、店長にも伝えていました

 

でも、なかなか首を縦に振ってくれませんでした。

 

ある日、会社の飲み会の席でわたしは店長にこう話しました。

 

文句マン「今月末の給料は要らないので、もう辞めさせてください。給料は要らないので、明日から来なくてもいいですか?」

店長「よし、わかった!じゃあ給料ナシってことで、明日から来なくてもいい!」

 

文句マン「本当ですか?ありがとうございます!今まで本当にお世話になりました!」

 

「明日からもう会社に行かなくていいんだ」という最高の気分で同僚と家路に向かっていました。

 

途中で当時の課長が自分のバイクを蹴っているのを目撃したのですが、それを同僚と見てみぬふりして帰ったのを覚えています。

 

やっぱり、みんなどこか狂ってる感じです。\(^o^)/

 

そして、次の日、わたしは会社に行きませんでした。

 

普通の社会人なら、残務とか引き継ぎとかありますよね?でもガン無視して逃げました。\(^o^)/

 

しかし、次の日の朝、10時過ぎ頃にわたしの携帯電話が鳴りました。見てみると会社の電話番号です。

 

電話に出ると店長からでした。

 

店長「お前どうしたの?なんで来ないの?」

(心の中で叫ぶ) おいおい、昨日話したじゃないか、、、ワトソン君。

文句マン「店長、おはようございます。昨日もう来なくていいって言ってくれたじゃないですか?」

店長「あれは冗談かと思ってた。とりあえず、残務整理や引継ぎがあるだろ?あと3日くらい来てくれ。」

(心の中で叫ぶ) おいおい、何度も辞めたいって言ってるんだから冗談なわけないだろう。

 

と思いながらも3日くらい出勤して辞めました。

 

ちなみに、あなたにもこんな経験はありませんか?

 

仕事や会社に行きたくない→「休む」ができない【危険です】

 

この会社のその後

30年以上続いた企業でしたが、わたしが辞めた3年後には、その支店は取り壊され、他のほとんどの支社も無くなり、社員も 10人くらいになってました。

 

今は社長が会社を売ってしまって会社名だけが残っています。細々と営業しているみたいです。

 

やっぱり、ワンマンな尊敬されない社長の下では、会社はまとまらないし、社員にコンプライアンスもありません。

 

こんな会社がどうやって ANAと提携したり、レオパレスと提携したり、プライバシーマークを取得できたんだろう。

 

まあ、わかったことは悪はいつか滅びるということです。

 

とにかく謎な会社でした。

 

それにしても、こんなパワハラ、モラハラがひどい会社でよく一年以上続けられたな。一年後には5人いた同期入社の社員は1人もいなかった。そういえば、このブラック企業の面接は、りそな銀行から出向になった古だぬきじじいが圧迫面接してたよ。失礼な圧迫面接がある会社には気をつけろ!社畜が欲しいに決まってるさ。バッサリ

 

人気記事 【無料含む】プログラミングスクールおすすめは3社【断言します】

人気記事 【WordPress】ブログの始め方【初心者でも簡単です】

コメント