【解決】「amp-ad」で必要なタグ「amp-ad extension .js script」がない

SEO

ここでは WordPressテーマ Cocoon で “「amp-ad」で必要なタグ「amp-ad extension .js script」がないか、正しくありません。これはまもなくエラーとなります。” の AMP警告が出ましたので解決してみました。なかなか解決できないあなたは必見です。

 

いつしか、サチコ (Search Console) を見たら AMP の警告が出ていました。amp-ad extension .js script が無いってどういうこと?

 

 

こんな状態を解決します。

 

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

「amp-ad」で必要なタグ「amp-ad extension .js script」がない?

ググって調べてみると、Adsense の以下のタグが入ってないよ?ということみたいです。

 

<script async custom-element="amp-ad" src="https://cdn.ampproject.org/v0/amp-ad-0.1.js"></script>

 

上記のタグは Adsense にログインして[広告ユニット] → 既存の広告ユニットにある広告ユニットの右にある <> [コードを取得] をクリックして [AMP] をクリックすると表示されます。

 

 

しかし、わたしの環境では <head></head> の中にこのタグを差し込んでも解決しませんでした。

 

以下の AMP検証ページでヴァリデーションすると、確かに以下のメッセ―ジが表示され Fail と出ました。

 

The tag ‘amp-ad extension .js script’ is missing or incorrect, but required by ‘amp-ad’. This will soon be an error. amp-ad

 

The AMP Validator
AMP HTML Project Web Validator. Tests Accelerated Mobile Pages for valid markup.

 

AMP公式の WordPressプラグインを使っているなら、この方法で解決できるひとが多いみたいなのですが、わたしは Cocoon を利用しているので、AMPプラグインは利用していません。

 

なので解決できるわけないですよね。甘かった。

 

とりあえず Cocoon テーマを更新してみる

わたしは困ったら Cocoon テーマを更新して、サチコから出る警告やエラーを何度も解決してきました。

 

サチコさんは結構センシティブなので、気分によって警告やエラーを吐き出すことがよくあります。

 

以前は、解析不能な構造化データについてエラーを吐き出していました。

 

以前の解析不能な構造化データのエラーの場合、結局はテーマを更新したら修正されたので、テーマを更新して最新に保つことは警告やエラーに有効だと考えています。

 

解析不能な構造化データのエラー【値の型が正しくありません】

 

そして、今回の AMP警告はテーマの更新では解決することができませんでした。

 

ページから Adsense 広告をすべて外す!

サチコさんは Adsense広告の JavaScript が問題だと言っているですから、「そもそもの Adsense広告を完全に外せば、警告も出まい」と安易に考えていましたが、そんなこともありませんでした。

 

Adsense広告を完全に外しても、amp-ad extension .js script が無いと言われ続けます。

 

困りました。

 

キャッシュをクリアしてもダメだった

わたしの場合はエックスサーバーを利用しているので、エックスサーバーのサーバーパネルにある高速化の以下の設定を無効にしました。

 

  • Xアクセラレータ
  • サーバーキャッシュ設定
  • ブラウザキャッシュ設定

 

ついでに、Cocoon の [キャッシュ削除] メニューで [AMPキャッシュの削除] も実施しました。

 

しかしながら、改善ならずです。

 

「amp-ad」で必要なタグ「amp-ad extension .js script」がないか、正しくありません。これはまもなくエラーとなります。の警告を解決する方法

結論から言うと、WordPressの [外観] に移動して、いったん Cocoon をテーマにしてから、テーマに戻してみてください。

 

でも、テーマを変更する前に、注意してください

 

Cocoon の設定がすべてクリアになります。\(^o^)/

 

特に重要な、Analytics や Search Console や API の設定をメモ帳などに控えておいてください。

 

一からの設定は、ホントきついです。

 

ちなみに、念のため Cocoon のバックアップをとってもいいですが、バックアップから設定を戻さないで下さい。

 

バックアップで元の状態に戻すと、もともとの設定の影響を受けて、また amp-ad extension .js script の警告が出る可能性もあるからです。

 

でも、なぜか「amp-ad extension .js script がない」のエラーは解消しました。

 

Cocoon を親テーマにして子テーマに戻す手順

  1. WordPress にログイン
  2. [外観] をクリック
  3. Cocoon の [有効化] をクリック
  4. Cocoon Child の[有効化] をクリック

 

もしくは、Cocoonテーマの [全ての設定をリセットする] からリセットを実行してみてください。

 

おわり

 

それにしても、記事を読むと簡単に解決しているように見えるかもですが、この警告はホント苦戦した。三日くらいマジで考えたね。頼むぜサチコちゃん。バッサリ

 

人気記事 【無料含む】プログラミングスクールおすすめは3社【断言します】

人気記事 【WordPress】ブログの始め方【初心者でも簡単です】

コメント