マッコリや濁酒の簡単な作り方【本場マッコリより旨く作れ!】

KOREA
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

ここでは生マッコリやドブロクを簡単に作るわたしの方法をご紹介します。【2019年最新版】

 

まずはじめに、わたしが思うマッコリとどぶろくの決定的な違いをご紹介します。

 

決定的な違いは韓国産か日本産の違いでしょう。キッパリ

 

異論がある方もいるかもしれません。

 

どぶろくは濁酒と書きます。にごった酒ならどぶろくです。

 

本当はアルコール度数の違いや、スパークリングしているか、していないかの違い等もあるかもしれませんが、調べてみるとスパークリングどぶろくもあったので、ここでは韓国産と日本産以外に違いがないと勝手にキッパリ断言しておきます。スミマセン。

 

マッコリやドブロクを作る前に少しだけ私の話をさせてください。

 

わたしは昔、マッコリや濁酒がまずいと感じていました。そのため、昔のわたしはマッコリが控えめに言ってもまずいと感じていたので好きではありませんでした。

 

しかしながら、韓国によく行くようになり本当においしい、誰にでもおすすめできるマッコリに出会うことができました。

 

なので、もしあなたがマッコリが嫌いでも、ここにある記事通りにマッコリを作ってみて飲んでみてください。

 

まずいと思っていた人は、マッコリのイメージが変わるかもしれません。

 

ちなみに、横浜の日ノ出町や新大久保でもおすすめできるマッコリに出会ったのですが、そこまでいかないと美味しいマッコリは手に入りません。

 

そこでわたしは自分で作ることにしたのです。

 

ちなみに、わたしが日本で買える市販品で美味しいと思うマッコリは新大久保お土産ランキングに出てくるこのマッコリ一択です。

 

【新大久保】コリアンタウン新大久保お土産ランキング【観光】

 

スポンサーリンク

マッコリの作り方【長寿マッコリより美味しい】

必要なもの

– 森永の甘酒だと美味しくできます

– 日清スーパーカメリヤのドライイーストでいいです

– 砂糖 ( こだわるなら三温糖 )

–  蓋が密閉できる大きめの容器 ( 大きければタッパでいいです )

 

生マッコリの作り方の手順

1. 鍋に満タンのお湯を沸かす

* 電気ケトルを満タンにしてお湯を沸かしても足ります

 

2. 沸かしたお湯で、蓋が密閉できる大きめの容器を熱消毒する

* マッコリが腐らないように蓋も必ず熱殺菌してください

 

3. 容器の水気が殆どはけてきたら甘酒を入れる

 

4. 甘酒を入れたらイーストを一つまみ入れる

* 沢山いれても少し入れてもあまり味は変わりません

* わたしの場合は開封してから一年たったドライイーストでも発酵しました

 

5. 砂糖をスプーンで大さじ二杯は入れる

* この砂糖は発酵時に分解されてアルコールになります

 

5. 甘酒とイーストと砂糖が混ざるようにおたま等でかくはんする

 

6. ラップなどの密閉しない蓋をして冷暗所に保管する

* 太陽が当たらない場所においてください

* 冷蔵庫だと寒すぎて発酵しません

 

7. 一日経って容器の中をのぞき泡が出ていたら発酵に成功です

* 二日かかることもあります

 

8. ここから毎日朝晩二回はマッコリをかくはんする

* かくはんしないで放置すると泡が容器からあふれ出します

 

9. 4日ほど経てばだいたいマッコリの味になります

* アルコール度数が足りなければ砂糖をガンガン足してください

 

10. 容器を密閉して一日経ったら密閉したまま冷蔵庫に入れる

* 密閉してずっと外に出しておくと爆発します

* 密閉することで発酵した際に出る炭酸ガスがマッコリに浸透します

 

11. 一日二日ほど経てば出来上がり

 

どうですか?

 

チャンスマッコリ ( 長寿マッコリ  ) よりおいしいでしょう?

 

どぶろく ( 濁酒 ) の作り方

炭酸が必要ないひとや、もっとアルコールが強いイメージの濁酒を作りたい方は以下の方法を試してください。

 

必要なもの

– 森永の甘酒だと美味しくできます

– 日清スーパーカメリヤのドライイーストでいいです

– 砂糖 ( こだわるなら三温糖 )

–  蓋が密閉できる大きめの容器 ( 大きければタッパでいいです )

 

本場濁酒の作り方の手順

1. 鍋に満タンのお湯を沸かす

* 電気ケトルを満タンにしてお湯を沸かしても足ります

 

2. 沸かしたお湯で、蓋が密閉できる大きめの容器を熱消毒する

* あなたのドブロックが腐らないように蓋も必ず熱殺菌してください

 

3. 容器の水気が殆どはけてきたら甘酒を入れる

 

4. 甘酒を入れたらイーストを一つまみ入れる

* 沢山いれても少し入れてもあまり味は変わりません

* わたしの場合は開封してから一年たったドライイーストでも発酵しました

 

5. 砂糖をスプーンで大さじ五杯は入れる

* この砂糖は発酵時に分解されてアルコールになります

 

5. 甘酒とイーストと砂糖が混ざるようにおたま等でかくはんする

 

6. ラップなどの密閉しない蓋をして冷暗所に保管する

* 太陽が当たらない場所においてください

* 冷蔵庫だと寒すぎて発酵しません

 

7. 一日経って容器の中をのぞき泡が出ていたら発酵に成功です

* 二日かかることもあります

 

8. ここから毎日朝晩二回はどぶろくをかくはんする

* かくはんしないで放置すると泡が容器からあふれ出します

 

9. 4日ほど経てばだいたい濁酒の味になります

* アルコール度数が足りなければ砂糖をガンガン足してください

 

10. 納得する濁酒の味になったら冷蔵庫で冷やして飲んでください

 

これであなたもドブロックの仲間入りです。

 

美味しい生マッコリや濁酒の飲み方【おすすめ】

わたし流となりますがライムを絞ってみてください。

 

瓶詰されたライムの液体を買ってきてもいいと思います。

 

ライムマッコリやライム濁酒は最高においしいです。

 

 

サムギョプサルやポッサムと一緒に食べたら気分は韓国旅行です。

 

ちなみにマッコリのカロリーは 100mlあたり約 46Kcalだそうです。

 

お酒の中では低カロリーですが、マッコリはお米から作られています。

 

そうです、炭水化物 ( 糖質 ) なのです。

 

そのためマッコリはダイエットには適していません。

 

ちなみに、わたしは基本的にはストレートで飲むことをおすすめします。

 

ホットや氷を入れたロック、牛乳と混ぜたカクテルなんて邪道です。

 

マッコリやどぶろくの乳酸菌の効果

ちなみにおならの臭いで困っている方は是非この作ったマッコリを飲んでみて下さい。

 

一週間くらい発酵させたマッコリや濁酒を毎日飲むとビックリするほどおならの臭いがなくなります。

 

番外編【マッコリ味のお酒の作り方】

甘酒から作るのも面倒だという人は、わたしがとっておきのマル秘技をご紹介します。

 

ビールにカルピスをお好みの量入れてみてください。

 

マッコリ味のカクテルの出来上がりです。

 

これはダブルカルチャードという飲み物になります。

 

この記事を見たからってマッコリやドブロクを作って販売しちゃダメだよ。酒税法違反に違反する犯罪ですから。バッサリ

 

韓国の記事をもっとみる

コメント